×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ジャムピクシーの今までの経歴

株式会社サウザーが運営する安売りが話題であるファッション店のチェーン店がジャムピクシーであり、カジュアル系衣料の中心としたお店の代表店です。
株式会社サウザー自体は1969年に設立された、協業組合いぶすきが前身であり、ショッピングセンターの設立運営会社でした。ここから業態が変わるのはきわめて異例のケースですが、今から10年ほど前に、衣料メーカーに変わってからは、ジャムピクシーはいままで話題を集めつづけているファッション店です。
ジャムピクシーのコンセプトは、流行のファッションが気軽な感覚で買えるお店と言うことで、しいていえばファッション業界の100円ショップと言ったところで、その斬新で大胆な発想が日本全国でも話題を集めています。現在は全国展開に積極的で、80店舗を果たしています。
この価格帯の商品を扱うと言う事は、仕入れは、訳あり品、見切り品、メーカーの在庫処分品など、いわゆるそういったう安く仕入れる事に依存している会社ですが、何事も徹底すれば、安さを求める消費者はそれなりに評価しているいい例です。

ジャムピクシーのこれから…

基本的にジャムピクシーの商品は通販などでも買えますが、値段のわりには、しっかりした物が多く、すご腕のバイヤーやジャムピクシー独自の仕入れルートと一括現金支払いなどで、通常と比べて、格安の値段で仕入れている事は、今の販売価格を見ても明らかに思えますが、どんどん色々なところに出店していく中での、仕入れの確保がジャムピクシーの今後の課題になっていくと思います。
また現在ジャムピクシーの取扱商品は、先ほどもいいましたが、販売価格に比べて驚くほど質が良い物を取り揃えていますが、どこかで仕入れの限界に達するのは誰が見ても明らかだと思います。
最近はそれに備えてかジャムピクシーも、他の会社がやっているように、独自ブランドとして製品を作る事を始めていますが、やはり今までの価格の事もありますし、これからの値段の戦略はかなり重要な問題になってくると思います。

ジャムピクシーの人気について…

ジャムピクシー自体がこれからどんどん出店攻勢すればするほど、ジャムピクシー独自の、ブランドの確立は絶対条件とされていますが、今までどおりの安売りをこれからもするのであれば、ユニクロなど安売りで成功した会社の手法を、ジャムピクシー自体にも取り入れて、もっと思い切ったファッションアイテムの絞込みをする事と、海外(やはり人件費の問題)への生産を頼る必要があります。またジャムピクシーはそれに伴って、幅広い年代層をメインターゲットにした、新しい形の家族向けのお店になる必要もあります。
このような業態変化は、過去に成功した会社も少なく非常に難しいですが、成功している会社は、既存の販売実績をスポイルする事が多いので、ジャムピクシーもそれに習えば面白いと思います。
ジャムピクシーが、安全かつ飛躍的な業態変更を行なうのであれば、別ブランドや派生ブランドを新しく作る事が重要になりますが、今でもWanna Be AEやCueCueなどのブランドを展開しています。

Copyright © 2007 カワイイのジャムピクシーの通販おすすめ紹介サイト